「ヒト」を大切にするコイズミのDNA

小泉産業グループは「人格の育成向上」を社是とし、「ヒト」を大切にした経営を行ってきました。現在の活動も、しっかりコミュニケーションを取りながら、「ヒト」と向き合うコイズミらしいDNAが息づいたものです。教育、生き方、地域、健康、次世代など、さまざまな視点で展開する活動をご紹介します。

次世代をになう「ヒト」に向けて

  • 児童養護施設への「デスク・コタツ」寄贈活動 児童養護施設への「デスク・コタツ」寄贈活動

    社員が児童養護施設を訪問し、子どもたちと触れ合いながら製品を組み立てます。活動スタート時には、贈呈式を行い、「あかり教室」や「ドライヤー教室」なども実施。

  • インターンシップ インターンシップ

    社員が共通して学ぶ「道学(人間学)」のカリキュラムを活かしながら、「働くとは」「社会人になるとは」を考えます。社是「人格の育成向上」のスタートになるプログラム。

ともに働く「ヒト」に向けて

  • 働き方改革 働き方改革

    「すべての社員が無理なく継続して働き続けることができる企業づくり」をめざし、社員同士で考える「みんなでカエルぷろじぇくと」など、積極的に活動を展開。