コイズミアカデミー

本質を考えるための人間力を磨き、
実務に必要な知識・スキルが身につけられる会社に

2011年から継続的に実施しているコイズミアカデミー。社是「人格の育成向上」の実践に向け、「自らのあり方」を考え、学び、探求する「道学」を土台に、各自の業務や役割に応じたスキルを身につけ、さらには時代ごとに求められる新しいテーマを学習します。社員が自分のやりたいことを明確にし、「働きがい」の核である自発的な意欲を醸成することが、アカデミーの狙いです

コイズミアカデミー

社是「人格の育成向上」をめざし、
“人財”の集合体である「自ら行動するプロ集団」へ

「人格の育成向上」を社是に掲げる小泉産業グループでは、お客様や仲間に愛され、信頼される人間的魅力あふれる人財育成をめざし、コイズミアカデミーという学びの道場で、互いに切磋琢磨する社員教育に力を入れています。

コイズミアカデミー最大の特徴は「自らのあり方」を考え、学び、探求する人間学としての「道学」と、実務で活用できる知識・スキルとしての「実学」を組み合わせて実施していることです。

人財育成のコースは4つ。新入社員の西教寺(滋賀県)での合宿研修に始まり、半年、3年、基礎(6年)、中堅(10年)と全社員が受講するベーシックコース。大自然を“講師”にして学ぶ、屋久島研修を含むキャリアデザインコース。外部派遣で他企業の方々との“他流試合”を経験する幹部研修などの選抜型マネジメントコース。経営戦略やマーケティング、アカウンティング、リーダーシップの基礎を学ぶビジネス戦略コース。これら4コース全14カリキュラムに対して、内容の充実を図ってきました。

当社が考える“人財”とは、しっかりとした目的意識を持ち、本質を考えられる人間力をベースに、知識・スキルを兼ね備える人です。こうした“人財”それぞれが集合した、“自ら考え行動するプロ集団”として、新たな価値を提供し続けていける企業グループをめざしています。

コイズミアカデミー人財育成体系図

イメージ画像01 グループ全体としての教育以外に、各社で実施する専門教育があります。