JR高島屋 GATE TOWAR MALL
 

(株)ホリウチ・トータルサービスの取り組み

内装資機材の搬出入をワンストップで請負い、
都心の大規模複合施設特有の難題を解決

ホテルや商業施設などの家具や什器の搬入・設置事業を展開している(株)ホリウチ・トータルサービス。2017 年4 月に名古屋駅前に開業した大型複合施設の建設に際し、商業店舗の資機材搬出入を一手に担い、都心の大規模複合施設で懸念される建築資機材の搬出入に関する多くの課題を解決しました。

独自システムの開発・導入と
中継基地の確保によって
スムーズな搬出入とコスト削減を実現

開業した施設は、地上46階建ての「JRゲートタワー」。オフィス、テナント、レストラン、ホテルなどが入居し、地下1階から8階までが、今回、建築・内装資機材の搬出入を請負った商業施設「タカシマヤゲートタワーモール」で、店舗数はファッション、雑貨など150にも上ります。現場への資機材の搬入には、隣接する百貨店の一般駐車場を通る必要があり、作業ができるのも夜間のみという制約がありました。そのため、最も懸念されたのが、各施工業者が個別に資機材を搬入することで発生する渋滞と搬入の遅延です。そこで、(株)ジェイアール東海髙島屋様から、商業施設等の什器搬入で実績のある当社に、施工業者の取りまとめと搬出入の一元管理をして欲しいというご依頼がありました。

課題は山積していましたが、まず取り組んだのが業者と現場の間に運搬の中 継基地を設けることでした。次に「搬入予約WEBシステム」の開発・導入です。各施工業者に搬入希望日時や資機材の重量、サイズなどを入力してもらい、当社で調整したスケジュールに基づいて資機材を中継基地に搬入してもらうようにしました。その後、当社がトラックに混載して指定日時に現場に一括搬入することで、トラックの台数や荷受などにかかる人員を削減することができ、周辺道路の渋滞解消とコスト削減も実現しました。

写真:中継基地(資機材管理)

中継基地(資機材管理)

写真:「ソリューションブック」を発行

「ソリューションブック」を発行

本事例の資機材搬出入管理業務のフロー

図:本事例の資機材搬出入管理業務のフロー

「搬入予約WEBシステム」の現場搬入までの流れ

図:「搬入予約WEBシステム」の現場搬入までの流れ

STAKEHOLDER'S VOICE
写真:株式会社ジェイアール
東海髙島屋
施設部 部長
松村 洋一様

株式会社ジェイアール東海髙島屋
施設部
部長

松村 洋一

ワンストップ対応で、
非常に効率的な搬出入が実現できました

今回のプロジェクトでは、物流拠点から工事現場までの資機材の運搬のみならず、現場内に搬入してから各テナント工事区画までの揚重・フロア内の横引き作業までワンストップで対応いただき、非常に効率的な資機材搬入が実現できました。おかげさまでスケジュールの遅れもありませんでした。非常に困難な業務でしたが、真摯かつ丁寧な取り組み姿勢は、弊社内外の関係者や工事現場内でもすこぶる良い評判でした。今回、獲得されたノウハウを活かし、今後も工事・施工の中で私どもと同じような課題を抱えていらっしゃるディベロッパーさんの手助けをしていっていただけたらと思います。

特殊車両の導入やパレットの特注で
運搬効率を高め、資機材の傷防止や現場の
養生にも万全の対策を実施

搬入経路の高さ制限に対応

図:搬入経路の高さ制限に対応

職長会で「表彰状」をいただきました

写真:職長会で「表彰状」をいただきました

現場への搬入経路となった隣接ビルの立体駐車場は、通常のトラックでは天井がつかえて進入が難しいという課題もありました。そこで、トラックの仕様は車高の低い特殊な2t平ボディに限定。パレットもその荷台にぴったり収まるよう通常サイズより小さい特注品とすることで、スペース効率を上げ、少しでも多くの資機材を運べるように工夫しました。そのうえで、パレットに資機材が効率よく収まるよう荷造りルールを作成し、各施工業者に周知・徹底をお願いしました。

また、中継基地への資機材搬入時には、荷崩れや傷の有無などをチェックし、状態によっては傷防止対策を実施。現場の搬入導線ではフロアや壁を傷つけないようシートやコンパネで万全の養生を行うなど、当社が培ってきたノウハウをフルに活かしました。現場から出る廃棄物についても、廃棄物ヤードを設けて分別ルールを徹底しました。

半年間の工期中に要したトラックは延べ約3,800台。この確保に活きたのが、グループ会社であるコイズミ物流(株)が持つ協力配送業者のネットワークです。数々の課題解決には、経験豊富な社員が全国から集まり、アイデアを出し合いました。これら社員とアルバイトを含め、延べ6,000人が搬出入や施工業者の管理にあたりました。当社では、この業界初のビッグプロジェクトで得た多くの知見を、今後、同様の課題を抱えるお客様にお役立ていただこうと考えています。

KOIZUMI VOICE

搬入予約システムの正確な運用と、
スタッフの細やかな対応により無事完工できました

本プロジェクトは、通常の規模をはるかに上回る物量を短期間に納めなくてはならず、当社の経験値からも想像を超えるものでした。大きなプロジェクトだけに工事期間中も綿密な打ち合わせを行い、情報の共有に徹することで、無事に完工することができました。その結果として、現場のすべての作業に従事する業者の各職長をメンバーとする職長会から、「現場内で他業者間とコミュニケーションを積極的にとったこと」、「現場ルールを守り、新規業者に対する模範となり、指導育成に尽力したこと」が評価され表彰状をいただきました。今後も、この経験を現場で活かしていきたいと考えています。

(株)ホリウチ・トータルサービス 東京営業部 部長 

(株)ホリウチ・トータルサービス
東京営業部
部長

桐野 大介

KOIZUMI VOICE

輸入から国内輸送、搬入・設置まで、
グループとして一貫して対応できる体制が確立しました

本プロジェクトでは、搬入経路の高さ制限、搬入時間の制限など建物内の制約条件が多くあり、ホリウチ・トータルサービスから高さ2.1mまでの2t平ボディで、夜間ピストン運行できる車両の確保を依頼され、当社の配車ネットワークを駆使し車両を確保しました。運行開始後も、搬入予約システムにより日々の積載情報を完璧に把握されており、積込車両の到着後もスムーズに作業ができ、待機時間もなく迅速に作業を終えることできました。当社も今回の経験により、保管・配送業務だけではない仕事の幅が広がったと考えています。

写真:コイズミ物流(株)
外販統括事業所 
西日本営業所 所長
菊地 敏浩

コイズミ物流(株)
外販統括事業所
西日本営業所
所長

菊地 敏浩

ページトップ