コイズミ物流(株)の取り組み

照明、家具、家電の各業界特性に特化した
物流サービスを提供

コイズミ物流(株)では、グループ各社のみならず、外部のお客様に対して、それぞれの業界の事業特性に特化した高品質な物流サービスの提供を目指し、2016年に組織体制を再構築しました。また、メーカーの物流会社として培ってきたノウハウと全国に物流ネットワークを持つ強みを活かし、3PLなどの事業もいっそう強化・拡大しています。

全国的な視野で各業界のお客様と折衝・提案することで、
さらなる積載効率の向上とコスト削減を実現

コイズミ物流(株)は、グループ会社のコイズミ照明(株)(照明事業)、コイズミファニテック(株)(家具事業)、小泉成器(株)(家電事業)の物流機能を担っています。2016年4月には各事業への対応力を高めるため、組織体制をそれまでの東西エリア軸から事業軸に替えて再編。事業ごとに統括部門を据えるとともに、各業界の外販を担う統括部門も設置し、合わせて4つの部門による運営を開始しました。従来、東西の所長が行っていたグループ各社や外部企業との折衝を、4 人の統括部長が全国的な視野で行うことで、商品や配送先が大きく異なる業界ごとに特化したサービスや物流品質を提供できる体制が整いました。

コイズミ物流は、2015年に東大阪営業所を大阪営業所(南港)に移転。これによって照明・ 家具・ 家電の商品配送を行っている近畿3拠点間の距離が格段に近くなり、積載効率の向上やコスト削減というメリットが生まれていました。今回の組織再編では4人の統括部長が全員、大阪営業所に席を置き、コミュニケーションを密に取れる環境も構築。商品の共同配送はもちろん、トラックや人の配置・運用によって事業領域を超えた混載についてもいっそう柔軟に対応できるようになり、営業所移転によるメリットを本格的に発揮できるようになりました。

写真:大阪営業所

大阪営業所

写真:横浜南営業所

横浜南営業所

物流ネットワーク

図:物流ネットワーク

図:物流ネットワーク

KOIZUMI VOICE

各業界のお客様の事業を
物流を通していっそう強力にサポート

施工現場への納期厳守を求められる「照明・電材」、配送・販売先が家電量販店の商品センターに集約されつつある「家電」、同じく大型店への販売・配送へのシフトが進み、配送に特殊な技術を要する「家具」と、業界ごとに物流に求められるニーズは違います。それら異なるニーズを的確に捉え、全国的な視野で対応できる体制が整ったことで、各業界のお客様をいっそう強力にサポートし、当社、配送先にもメリットがでる提案に取り組んでいきます。

写真:コイズミ物流(株)外販統括事務所 統括所長 兵庫 正能

コイズミ物流(株)
外販統括事務所
統括所長

兵庫 正能

運送業界が抱える課題解決にもつながる3PLを
外部の企業様に向けていっそう積極的に展開

外部のお客様の物流受託については、年々取扱量を増やしています。強みは、全国に張り巡らせた輸配送ネットワークと、メーカーの物流子会社として培ってきたノウハウです。最近では商品配送だけでなく、輸送・荷役・保管をトータルで請け負う3PLを積極的にご提案しています。

2016年8月には、通信・電設資材メーカーのマサル工業(株)様の大阪倉庫をコイズミ物流大阪営業所内に移転していただき、西日本エリアにおける3PLを開始しました。北陸への商品配送に課題を抱えておられる中で、当社のホームページを見てご相談いただいたのがきっかけです。同社とコイズミ照明は、商品や配送ルートに共通点が多いことから、輸送コストの削減や納期短縮などにメリットを感じていただき、今後は全国へも展開していく計画です。

3PLのニーズが高まっている背景には、一定以上の積載量を持つトラックに運行記録計の装着が義務付けられ、長時間・長距離輸送が困難になったことや、ドライバー不足などによって、商品在庫を配送先の近くに持つ必要が出てきているためです。コイズミ物流では2018年夏までに関東と関西で新たな倉庫を既存営業所の近くに配置し、こうしたお客様のニーズにいっそう応えていきます。

3PL物流サービス

図:3PL物流サービス

KOIZUMI VOICE

倉庫から配送先への直行便によって、
商品ダメージを最低限に抑えます

運送業界を取り巻く環境はいっそう厳しくなる中で、今後、商品配送先の近くに倉庫を持つ倉庫分散の傾向がますます強まっていくのは必至です。当社の3PLでは各地の倉庫に商品を在庫し、配送先に商品を直送することで商品ダメージを最低限に抑えることが可能です。今後はまず関東、関西、そして将来的には九州でも倉庫キャパを増やし、お客様の国内工場から倉庫への在庫補充などもお任せいただけるような体制を整えていきます。

写真:コイズミ物流(株)取締役 事業本部長 木ノ本 秀秋

コイズミ物流(株)
取締役
事業本部長

木ノ本 秀秋

STAKEHOLDER'S VOICE
写真:マサル工業株式会社 代表取締役社長 椎名 吉夫様

マサル工業株式会社
代表取締役社長

椎名 吉夫

常に顧客サービスを考えていただき、
積極的にご対応いただいています

コイズミ物流様に委託する決め手になったのは、倉庫業務の品質の高さと共同配送の配達先が弊社取引先と合致している点はもちろん、弊社の要望に対して、スピーディーかつ真摯に取り組んでいただいたこと。特に、委託移行時のフォローアップには手厚く取り組んでいただき、顧客トラブルもなく移行を完了することができました。今後も、在庫管理・配送で常に改善案件を共有し、品質向上・コストダウンに取り組んでいただくとともに、新たなビジネス展開のパートナーとしての取り組みに期待しています。

ページトップ