写真:コイズミ照明R&Dセンター
 

特集①

“あかりの杜(もり)”をコンセプトに
人と環境に配慮した革新的なオフィスビル
コイズミ照明R&Dセンターが稼働開始

小泉産業(株)が建設計画を進めてきたコイズミ緑橋ビルが、2017年3月に竣工し、コイズミ照明(株)の新たな研究開発拠点「コイズミ照明R&Dセンター」として稼働を始めました。「あかりの杜」をコンセプトに、人と環境に配慮した「あかり文化創造企業」を目指す姿勢を具現化し、LEDに特化した最新の研究施設と知的生産性を高める革新的オフィスが実現しました。

省CO2と周辺環境との調和、多様な働き方への対応など、
さまざまな課題の解決を目指す企業姿勢を具現化

センターの建設プロジェクトは、照明のブランドメーカーとして、ますます進化するLEDに対応する最新鋭の試験設備を導入する必要性から始まりました。商品企画、開発設計、品質保証、営業などの部門を集結し、開発スピードやヒト・モノ・ソリューションの質を向上させる革新的なものづくりを目指す場であると同時に、環境経営の推進に取り組む企業姿勢や「_違う発想がある」というブランドステートメントを具現化する先進的なオフィスづくりを目指しました。

「省CO2」や「周辺環境との調和」「社員の多様な働き方への対応」といった、さまざまな課題の解決のあり方を発信する場にしたいという想いを受け止めていただいたのが、設計・施工をお任せした竹中工務店様でした。両社で協議を重ね、実現したビルは、緑化した階段状のバルコニーと建物中央の吹き抜け空間によって、自然の光と気流を最大限に利用する構造が特徴です。各階をつなぐ吹き抜け空間は、社員のコミュニケ―ションを活性化する装置としての機能も果たしています。

また、国際的な照明制御システム「DALI」を導入し、自然光に連動した照明や空調などを制御。オフィスでありながら、実験的なショールームの役割も果たし、照明製品だけでなく、小泉産業グループが目指す「モノからコトへの転換」を実証していく母体として活用してきたいと考えています。

これらの取り組みの革新性により本建設プロジェクトは、中小オフィスへの今後の波及効果に対する期待から「平成27年度第2回サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」として、国交省により採択されました。

サステナブル建築物等先導事業審査の評価コメント

周辺環境と共存しつつ外皮熱負荷低減を図る建築計画、知的生産性の向上も配慮した照明計画、照明と空調の連携した新たな制御など、中小規模のオフィスへの展開を目指す意欲的な取り組みであり、中小規模オフィスへの波及、普及につながるものとして、先導的と評価した。本事業を通じて、知的生産性の向上などの効果の検証がなされることを期待する。

写真:小泉産業(株)取締役 コイズミ照明(株) 専務取締役  R&Dセンター長 谷垣 正則

小泉産業(株)取締役
コイズミ照明(株)
専務取締役
R&Dセンター長

谷垣 正則

R&Dセンターの3つのコンセプト

図:R&Dセンターの3つのコンセプト

対談

“あかりの杜(もり)”はいかにして生まれたか
~建築プロジェクトのキーパーソン対談~

構想から6年、計画から竣工まで2年半に及んだ建設プロジェクト。「あかりの杜」というコンセプトを具現化した革新的オフィスはどのように生まれ、形づくられていったのか。設計・施工に携わった(株)竹中工務店様とコイズミ照明(株)のプロジェクトリーダーに語り合っていただきました。(敬称略)

株式会社竹中工務店
大阪本店 設計部
設計第5部門
設計2グループ長

有田 博

コイズミ照明(株)
経営本部
経営企画部
部長

西川 正

自然や人の温もりのある新しい“あかり”が
生まれる場所づくりをコンセプトに込めました

コイズミ照明・西川●当初、私たちが出した要望は、「環境配慮」「人への配慮」「新技術」「ライフサイクルコスト」など12項目に及んでいました。それに対して「あかりの杜」というコンセプトはどのように生まれたのですか?

竹中工務店・有田●まず注目したのは、照明メーカーとして漢字の“灯り”ではなく、ひらがなの“あかり”を大切にされていることでした。そこで、人の行為に結びついたあかりや自然の中のあかりといった、温もりのあるあかりを体感し、新たなあかりが生まれる拠点づくりを目指して、「あかりの杜」というコンセプトを創りました。 周辺住民への配慮を要望されていたことも、重要でした。計画地は住宅地の中にあります。そこで、南面を階段状にして住宅地から見える空をできるだけ多く残し、樹木を植えてプライバシーにも配慮しました。周囲と共生する緑あふれるビル、それが「杜」という言葉になったのです。

西川●設計プロポーザルの提案の中で、竹中さんの案がデザイン面、コンセプト面で最も高く評価されました。私自身、階段状のバルコニーから柔らかい自然光が入るオフィスという提案がとても気に入りました。

あかりの杜」というコンセプトが生まれるもととなった照明文化研究宣言のポスター

「あかりの杜」というコンセプトが生まれるもととなった照明文化研究宣言のポスター

分科会やワーキングで社員の意見を吸い上げ、
延べ47回の打ち合わせでコンセプトを具現化

4F北側、5F

4F北側、5F
フリーアドレスに対応しやすい光環境を作り出す調光調色ダウンライト

4F南側

4F南側
PC作業・事務作業のしやすいフラットな光を創出する調光調色ベースライト

6F

6F
シームレスな光のラインで、フラットな明るさとソリッドな建築イメージを作り出すライン照明

西川●具現化にあたっては、5つの分科会と9つのワーキンググループを作って社員から意見を募り、竹中さん側とすり合わせをしていきましたね。

有田●特に興味深かったのは、ワーキングスタイル分科会です。どんな働き方をしたいのか、どんな会社にしていきたいのか、若手の皆さんが積極的に案を出されていました。ご意見は、オフィスのレイアウトや照明計画、家具などあらゆるところに反映されています。

西川●外資系企業を含めて最先端のオフィスがどのようなものなのか、現地視察にも行きましたね。

有田●見ていただくのが一番早いですから。コイズミ照明様と小泉産業様の若手から役員の方まで参加されていたのが、コイズミさんらしいと思いました。

西川●オフィスフロアには「DALI」の制御システムを入れ、照明器具も新規に開発するというスタンスでしたから、照明プランを実現するための建築設計には苦慮されたのでは?

有田●打ち合わせは建築の仕様から内部素材まで47回にも及びましたね。照明プランに対応しやすいよう、当社ではさまざまなタイプの照明器具に対応する超軽量天井「ライトセーフ」をご提案し、採用していただきました。

西川●生産性向上に寄与するよう、3つの執務フロアそれぞれの部門の業務内容に応じてレイアウトや照明を変えたのが大きな特徴です。その分、打ち合わせや決定事項も3倍になるわけですから、お互い大変だったと思います。

設計具現化のために、竹中工務店様が軽くて安全な天井システム「Lite-Safe(ライトセーフ)」を開発

設計具現化のために、竹中工務店様が軽くて安全な天井システム「Lite-Safe(ライトセーフ)」を開発

建築と照明のプロが意見・アイデアを出し合い 今までにない斬新なオフィスに結実

有田●特に中央の吹き抜け空間については、何度も検証をさせていただきました。最終的に設計変更は80項目に及びましたが、照明と建築のプロが互いに意見・アイデアを出し、カタチを作り上げていく過程は非常に刺激的でした。変更についての判断が遅れると工期に影響することもありますが、西川さんのジャッジメントが非常に早くて適切だったので、スムーズに工程が進みました。プロジェクトを前に進めるスキルが高い会社という印象を受けました。

西川●こちらこそ、「_違う発想がある」というブランドステートメントを見事に建築側の視点から実現していただき、感謝しています。ずっと新しさを失わない空間を作りたいという要望についても、作り込みすぎない設計で更新性に優れた空間が実現できました。11カ月という短い工期でよくぞやり遂げていただきました。

有田●工期中に鉄骨の製造工場が熊本地震で被災したときは、ヒヤっとしました。工場長の自宅が全壊し、震源地近くの工場が3週間は停止になるところをわずか4~5日で立ち上げていただき、影響が最小限だったのは幸いでした。

西川●工事協力会社様との日頃の信頼関係の賜物ですね。

写真:試行錯誤を重ねた吹き抜け間接照明

写真:試行錯誤を重ねた吹き抜け間接照明

試行錯誤を重ねた吹き抜け間接照明

周辺住民の方や工事協力会社様にも想いをはせ、 健康的で生産性の高いオフィスを広めていきたい

対談写真

対談写真

有田●他にも感動したことがあるんです。竣工式に工事協力会社の職長をご招待いただきましたが、こんなことは初めての経験で、「嬉しくて泣きそう」という声を聞きました。

西川●完成したオフィスに社員が入居するときに、ただ「快適だ」と思うのではなく、この空間を実現するためにどんな方々が関わったのか知ってほしいという想いがあったのです。

有田●そうでしたか。一緒にプロジェクトに携わらせていただいて、周辺住民への配慮といい、社員の声を活かそうとされている点といい、人を大切にされる風土をお持ちの企業だと改めて感じました。入居された社員や周辺住民の方の反応はいかがでしょうか。

西川●社員は明らかにモチベーションが上がっているようですね。住民の方からは完成前から、「楽しみです」と会社にメールをいただいていましたので、先日、見学会を実施して、大変喜んでいただきました。

有田●それは設計者冥利に尽きます。この建築は、オフィスの未来を示したものです。このような自然光が入ってきて、緑がそよぐ、健康的なオフィスの姿が広まるといいですね。

西川●外光と照明が連動し、省CO2なだけでなく、生産性向上につながるオフィスを、今後さまざまな検証をしながら広めていきたいと思っています。ありがとうございました。

ページトップ