小泉産業株式会社
小泉産業株式会社グループ
English
KOIZUMI Lighting Design NEW PRODUCTS!

STUDY UP DESK

KOIZUMI HISTORY DNA290年の軌跡

KOIZUMI SPIRIT 価値創造の現場から

グループコミュニケーションレポート

開発者として最初に手がけたのは、2010年発売のiPhone用アプリです。ドコモのiモードメールをiPhoneで送受信できるというアプリです。ドコモのユーザーには、iPhoneを購入しても携帯メールアドレスを変えたくないなどの理由から、2台を持ち歩く人が意外に多いことに着目して開発しました。
これをインストールしておけば、ドコモのアドレスに来たメールもiPhoneで読み、iモードメールとして返信もできるので、ユーザーは2台持ち歩く必要がなくなります。すき間的な商品ですが市場の反応は上々で、iPhoneの普及拡大に合わせ今後も販売を伸ばせると見ています。
今注力しているのは、ウエブを活用した企業向けの業務管理システム。その第一弾が2012年9月に発売した「スマートdeタイム for勤怠」です。これはタイムレコーダーのない職場や直行・直帰の多い仕事でも、携帯電話やモバイル機器を使って出退勤時間の管理が正確かつ簡単に行えるという画期的なシステムです。
たとえば営業マンが客先に直行する場合、目的地への到着時にケータイでウェブ上の専用ページを開き、画面上の「出勤」ボタンを押すだけで出勤時刻が記録されます。このときGPS機能で位置情報も記録されるため、嘘の申告をすれば管理者にすぐにわかります。大手パッケージソフトメーカーとのコラボで同システムを組み込んだ就業管理ソフトも発売し、現在は共同での営業展開を進めています。
この「スマートdeタイム」シリーズでは、大地震などの緊急事態発生の際に社員の安否や被害状況をネット経由で迅速に確認できる「for安否」も発売しています。これも企業のBPOが重要性を増すなか、大きな潜在需要があると思っています。今後「for日報」など独自機能の新製品をシリーズに追加していく予定です。
開発者としてつねに心がけているのは「ユーザーにとっての使いやすさ」ですね。たとえば画面デザイン一つにしても、見場の派手さやかっこよさではなく、説明書を読まなくても誰もがスラスラ操作できるデザインであることが最優先。これからも市場の声に耳を傾け、本当にユーザーが必要としている機能を実現できる、わかりやすくて、使いやすいシステムを創っていこうと思います。


(2012年10月取材/所属・役職などは取材当時のものです)

サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ