小泉産業株式会社
小泉産業株式会社グループ
English
KOIZUMI Lighting Design NEW PRODUCTS!

STUDY UP DESK

KOIZUMI HISTORY DNA290年の軌跡

KOIZUMI SPIRIT 価値創造の現場から

グループコミュニケーションレポート

入社してから主に学習机の開発に携わってきた私は、2013年10月に新プロジェクトの開発担当を任されることになりました。それが女性向け書斎家具「Liten(リトゥン)」です。
これまで家具店の書斎コーナーには、男性向けのデスクや書棚ばかりが並び、女性を正面から対象にした商品がありませんでした。しかし女性の社会進出が進んだ現在、働く女性が自分の部屋を演出できる新しいタイプの書斎家具へのニーズは確実に広がっているはずです。「Liten」は、そうした「働く女性」にターゲットを絞り、全く新しい視点・コンセプトで企画したコーディネート家具です。黒や茶色のモノトーンの書斎コーナーに新風を吹き込み、新たな市場を切り拓いていくことがプロジェクトの大きなねらいでした。
「Liten」はスウェーデン語で「小さい」の意味。書斎デスクは大きい方が良いと考えられがちですが、働く女性の生活スタイルを考えると、むしろ「小ぶり」が選ばれる条件だと考えたのです。デスクの奥行きは50cmにとどめ、幅も90cmのほか、業界の常識を破る幅75cmタイプも用意しました。
全体デザインはナチュラルな北欧スタイルで統一し、ウィンザースタイルチェアやミラー付きコスメラック、シェルフ、ポールハンガーなど、ニーズに応じて自由にコーディネートできる周辺家具も揃えています。また、ネイルをしていても開けやすい引き出し取っ手、化粧品や小物も整理できる可動式の間仕切り、ネジが外から見えない新構造など、社内の女性社員からもアドバイスをもらいながら、ディテールにも徹底的にこだわりました。
こうして2014年5月に発売となった「Liten」は、市場から好評で迎えられています。中でも売れ筋は最も幅の小さい75cmタイプで、自分たちの予想が正しかったことが証明できました。
このプロジェクトに携わって改めて実感したのは「イメージを描く」ことと「設計する」ことの違いです。商品開発では企画段階でイメージしたものが常にスムーズに作れるわけではありません。何度も試作を重ね、修正を繰り返す中で、材質や色、各部位のサイズ・構造などにベストの回答を見いだしていきました。
開発者には創造性と同時に、絶えず変化する市場ニーズに対応できるスピードも必要です。思い通りの製品が、よりスムーズに、スピーディに生み出せるようになるために、これからも感性を磨くことはもちろん、材料や構造、製造プロセス、コストなど幅広い知識と経験を積んでいきたいです。そして将来は、生活空間に関わるあらゆるモノを設計できるような開発者になりたいと思っています。


(2015年1月取材/所属・役職などは取材当時のものです)

女性向け書斎家具「Liten(リトゥン)」の製品情報はこちら
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ