小泉産業株式会社
小泉産業株式会社グループ
English
KOIZUMI Lighting Design NEW PRODUCTS!

STUDY UP DESK

KOIZUMI HISTORY DNA290年の軌跡

KOIZUMI SPIRIT 価値創造の現場から

グループコミュニケーションレポート

2007年に発売した「快適寝室照明」シリーズは、今まで世の中になかった商品です。従来の照明器具は住宅部材の一つとして住まいの間取りなどに応じて選んでいただくものであり、求められるのは「明るさ」や「デザイン性」でした。これに対し快適寝室照明は、「そもそも人にとって光とは何か?」という根本的な問いかけからスタートしています。人の身体は太陽が昇ると活動的になり、日が沈むと休息に向かいます。つまり人間の「生体リズム」は太陽光と深く関係しているわけです。この考え方は、照明計画などのベースとしては従来からありましたが、これを製品そのもので実現しようとしたのが「快適寝室照明」シリーズなんです。
「快適寝室照明」は、寝室という、住まいの中でも独自の機能を求められる部屋を対象に、光環境のコントロールによって、快適な生活リズムのサポートをめざした商品です。たとえば朝はセットした目覚めの時間の30分前から部屋が徐々に明るくなり、身体をゆっくり覚醒状態へ導きます。逆に就寝前はおやすみ設定時刻に合わせて部屋がゆっくりと暗くなっていき、心地よい眠りに誘います。このように光環境をコントロールすることで、健康生活をサポートしていくことがこの製品の大きな特長で、これは光の本質に近い部分での価値を追求した初めての製品だと思います。
「快適寝室照明」の開発は、企画・デザイン・設計・技術・営業などを集めた社内横断プロジェクト方式で進めました。私の役割は全体の調整でしたが、設計や営業はそれぞれの理想や要望があり、技術面の制約もあるし、ビジネスとしての費用対効果も考えないといけないなど、落としどころには苦労しました。また求められる機能が非常に数値化しにくいため、私も含めスタッフの自宅に試作品をセットして実際の効果を検証したり、手探りの連続でした。でもそういった試行錯誤のおかげで、製品開発に新しい切り口が開けた気がしています。これを第一歩に、これからも世の中に新しい価値を提案する商品を、どんどん生みだしていきたいです。

サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ