インターンシップ多様な就業体験ができ、働く意味を考える機会を提供

作成:2021年
インターンシップ

現物を見て、触れなければ学べない職種別インターン(コイズミ照明R&Dセンター)

学生の個性やニーズに合わせた
多様なカリキュラムで行う「体験型学習」

当社インターンシップは、学生の皆さんの個性やニーズに合わせ、長期的な視点に立ち、多様なカリキュラムで成長を促す「体験型学習」を特長としています。

まず、初期段階では社員研修のノウハウを応用した「道学(人間学)」を通じて、「働くとは?」「社会人になるとは?」などを考え、就業観を醸成する内容にしています。次の段階では、異業種とのコラボレーションで商品企画を体験し、企業や職種選びの視点を養うカリキュラムや、職種ごとの具体的な就業体験を通じて学ぶカリキュラムを計画的に展開しています。また、各カリキュラムの特性を鑑み、オンラインとリアルのハイブリッド型など、実施方法も参加者目線で工夫し進めています。

イメージ画像05 オンラインで開催した異業種とのコラボインターン